糖尿病はEDになりやすいので注意

糖尿病の男性 EDは男性にとって非常に厄介な病気の一つで、最近では、ストレスなどに起因する心因性のEDが増えています。
EDになる原因の一つが糖尿病です。
糖尿病の場合は、心因性ではなく器質性のEDと言われています。
最近EDに自分がなったと感じている方の中には、糖尿病を発症している事もありますので、確認の意味でも一度専門医に相談する事が賢明です。

糖尿病とEDの因果関係では、まず神経障害が疑われます。
糖尿病性神経障害という症状が発症するとEDになりやすいと言われています。
勃起をする為には性的刺激が神経を通り脳に伝わり、さらにその刺激が陰茎に伝わる必要があります。
この時高血糖などにより神経が傷つけられている状態の神経障害が起こっているとEDとなります。
軽度の神経障害であればバイアグラなどの治療薬で血流を増加させることができ改善しますが、重度の神経障害の場合は、血管が十分に拡張せずあまり効果を成さない場合もあります。

動脈硬化もEDの主な原因となります。
動脈硬化は生活習慣病や喫煙などによって引き起こされます。
動脈硬化によって血管内皮障害や血流障害が起こることによってEDが発症します。
更に動脈硬化は心筋梗塞の原因になる場合が多く、死亡率が高くなっています。
ED治療薬の中には、動脈硬化の予防や改善効果が確認されているので、専門医と相談の上、利用してみてもよいかもしれません。

糖尿病患者にはヘモグロビンA1cの値が高い方がおられます。
ヘモグロビンA1cが高値だと、症状は重症だと判定されてしまいます。
ヘモグロビンA1cは糖化ヘモグロビンの一つです。
このヘモグロビンA1cの値を食事制限や治療薬によって下げる事が必要になります。
ヘモグロビンA1cの値が下がると血糖値が改善され、ED症状の緩和にもつながります。

以上のように、糖尿病に起因する原因がED発症の原因となることが多く、糖尿病を治療することによってEDも改善する事にもつながります。

食事改善を行うことでEDを予防することができる

ED治療薬を使用して改善する方法は有効な手段の一つです。
若い方なら数回程度ED治療薬を使用しただけで症状が緩和され、ED治療薬の使用回数を徐々に減らすことができるかもしれません。
ただED治療薬を使用するにはお金がかかりますので、できれば薬に頼らずに改善したいとおもうのも当然のことです。

糖尿病に起因する場合、やはり血糖値が関係してきます。
血糖値が高ければ高いほど血管への負担が大きくなります。
逆に血糖値を上手くコントロールすることができれば、症状は改善していくことにもつながります。
血糖値をお金をあまりかけずに下げる方法としては食事改善です。
血糖値の上昇に大きく関わっているのは炭水化物です。
炭水化物は摂取してから15分で血糖値を上げ、2時間でブドウ糖に変化します。
それに比べタンパク質や脂肪は血糖値を上げません。

簡単に言えば、炭水化物のトーストやざるそばを食べるよりも、ステーキ一枚のみを一枚食べる方が血糖値を上げずに済むということです。
もちろんそのほかのカロリーバランスを考えなければなりませんが、血糖値を上げないという1点だけ考えるのであれば、まずは炭水化物の摂取量から考えましょう。
特に最近は外食をするご家庭が増えてきていますので、1回一回の食事のメニューを意識することが大切です。

スムーズに勃起を促し、射精をする為には精液が十分に作られているかも重要です。
精液の生成にはタンパク質やビタミン、ミネラルなどが必要不可欠です。
大豆食品や生野菜などを摂取することによってこれらの栄養素を摂ることができます。
外食によって糖質や脂肪の多い食事ばかりの方は、他にも一品二品加えて食事改善を日頃から意識しましょう。