ED治療での診察内容について

自信を無くした男性 日本の男性の中で潜在的な患者が1000万人いるとされるEDを発症すると、男性としての自信を失ってしまい、生活のリズムに影響してしまう事も少なくありません。
そこで病院に相談したいと考えてみても、下着を脱ぐのを恥ずかしいと思ってしまい、病院に行くのを避けてしまう場合も少なくないかもしれません。
そこでED治療の診療内容について簡単に紹介します。

まず、初診の時に不安に思う事として、何を聞かれるのか、性生活について聞かせるのかなどだと思います。
もちろん必要に応じて、医師は適切な診断や治療を行う為に問診を行います。
この問診では、現在かかっている疾患や服用している薬があれば詳しく聞かれます。
まず病院に行くと受付を行います。
受付では恥ずかしい場合や上手く伝える事ができない場合は医師に直接相談したいと受付に申告する事もできます。
そのような場合は診療室に入ってから医師に直接相談します。

次に問診です。
受付で問診票の記入が求められます。
問診票には、現在治療中の疾患や服用中の薬がある場合は素直に記入しましょう。
次に検診と診断です。
ここでは必要に応じて血圧、脈拍、血液検査、尿検査、心電図測定を行います。
血圧、脈拍、血液検査、尿検査、心電図測定を行うかどうかは各医療機関で違いがあります。
ただ近々に健康診断や人間ドックなどで血圧、脈拍、血液検査、尿検査、心電図測定を行っている場合は敢えて再検査を行わない事もあります。

血圧、脈拍、血液検査、尿検査、心電図測定の検査結果が前もってわかるのであれば、病院に行く前に用意しておけば時間の節約にもなるかもしれません。
この問診と血圧、脈拍、血液検査、尿検査、心電図測定等の検査結果を基にまずはED治療薬が服用する事ができるか判断を行います。
ED治療薬が処方される場合には、ED治療薬の服用方法や注意点などの説明があります。
その後会計になりますが、ED治療は健康保険適用外ですので病院で受ける診療すべてが自己負担となります。

EDだからといって触診などの診察はない

ED治療薬が開発、流通するようになってから、EDの治療については広く行われるようになりましたが、それでもまだ間違った知識や偏見を持っている場合、治療を避けている方も少なくありません。
例えば病院に行くと下着を脱ぐことが恥ずかしいという事です。
下着を脱ぐだけでなく、全身裸にならなければならないと思う方もいるかもしれません。
また陰茎を触診されたり、勃起力の検査、陰茎のレントゲンを撮られるなどの心配をする方もいます。

EDの治療現場では実際には下着を脱ぐ必要もありませんし、恥ずかしい想いをする事もほとんどありません。
問診を基にED治療薬の処方の可否を判断します。
問診の後は診察がありますが、この場で下着を脱ぐこともありませんし、触診を行う事もありませんので、できるだけ早めに治療を行う方が賢明です。

しかし、中には医師といえども他人に自分の下半身についての悩みを打ち明ける事に抵抗があり、病院に行くことが恥ずかしいと思うかもしれません。
そのような方はED治療薬の個人輸入がお勧めです。
個人輸入であれば、誰にも接触せずに、誰にも知られる事なく手に入れる事ができます。

ただED治療薬を始めて使用する前に必ず医師の診察を受けなければなりません。
ED治療薬は服用の仕方や用量が決まっています。
これを守らなければ健康被害を引き起こしてしまう可能性があります。
また副作用についても確認をしなければなりませんので必ず相談をしましょう。
一度医師に相談しておけば、その後安心して個人輸入を利用する事もできるようになります。
過剰摂取など重篤な健康被害にもつながりかねませんので、確実に事前に医師の診察を受けておくことをお勧めします。