ED治療薬を服用しただけでは勃起しない

EDが治った男性 勃起力の低下に悩む男性をピンチから救ってくれるのが、ED治療薬です。
正にEDの男性からすると救世主のような存在であり、市販薬のように服用するだけで頑固なED症状が個人的に直せます。
ED治療薬は性生活の改善に役立つ有能な製品ですが、分野が分野だけに、あまり公の場で口コミを聞く事はないはずです。

しかし、日本国内にもED治療薬の愛用者は多く、そのおかげでセックスレスや妊娠活動の失敗を回避した夫婦は少なくありません。
短時間で勃起力を高められるのが凄いところであり、人気の理由です。
ただし、ED治療薬は単に服用しただけでは勃起の効果は現れませんので、要注意です。
しばしばこの点がよく誤解されますがED治療薬の効果は服用者を強引に発情させる製品ではありません。

なお、EDの男性は少しでも緊張を緩和しようと飲酒をセックス前にいる事が多いです。
適度な飲酒は男性の過度な不安と緊張を解消し、EDの症状を抑制します。
適量のビールやワインの飲酒であれば、むしろEDの解消に効果的であり、ストレスがケアされる事で僅かな刺激で勃起しやすくなります。

また健全な男性機能を持つ男性も飲酒のし過ぎには要注意です。
お酒には気持ちと体を適度にリラックスさせる作用がありますが、限度を過ぎると逆に男性機能を喪失させます。
若くて精力旺盛な男性もビールやワインを泥酔するまで飲酒すると、ペニスが刺激を受けても勃起し難くなります。

更に泥酔した状態でセックスをするのはやや危険です。
食事と一緒にセックスへ向けて飲酒をするカップルは多いですが、健全な性生活を営みたいなら飲酒量は意識的にセーブした方が良いでしょう。
完全に禁酒する必要はありませんが、健全な男性も勃起力を無駄に低下させたくない場合は、普段よりもビールやワインの量をセーブした方が良いでしょう。

食事の量も気持ち少なめにした方が食後、セックスしやすい心身になります。
満腹まで食事をたっぷりと摂取すると、セックス前に睡魔に襲われたり、満腹感が性欲に勝ってしまい、ペニスが刺激を受けても勃起し難くなります。

性的興奮を高める方法

あくまでEDの原因を取り除く事がED治療薬の役割です。
そのため、服用を済ませた後はただ漠然とベッドや椅子に腰掛けているのではなく、キスやペッティングといった性的な刺激を脳、体に与えなければいけません。
ED治療薬の効果は服用後30分から60分後に現れます。

しかし、漠然と待っているだけではペニスは勃起しません。
性的な刺激を女性から受ける、あるいはマスターベーションの要領で性的な気分を男性自ら、服用後は高める必要があります。
また若い男性であれば、セックスをする女性が服を脱ぐ様子、バストを露わにする様子を見ただけでも十分な性的刺激となり、ペッティング等が無くても、視覚だけで自動的にペニスが立ち上がります。

男性の性的興奮は視覚からも受け取れやすく、もし服用した直後、パートナーが席を外しているようであれば、アダルトビデオや成人雑誌の性的な映像を見て、セックスの準備をする、といった方法も効果的です。

またED治療薬もまた飲酒と食事の影響を受けやすい製品です。
性的興奮をペッティングやアダルトビデオで高めても、先に過度の食事量を摂取したり、大量のビール等を摂取していると、それらの悪影響でペニスがなかなか立ち上がらなくなります。

過去に何度かED治療薬を飲んだのにペニスが勃起しなかった、という方は性的興奮を正しく与えなかった恐れ、あるいは食事や飲酒の悪影響を強く受けていた恐れが考えられます。
性的興奮を得るポイントは、まさに個人の性癖の部分であり、自分の好みに合ったペッティングを女性にする、あるいはしてもらう必要があります。

また裏技的な手法になりますが、目の前のパートナーの裸体に興奮しない場合は、好みのグラビアアイドルの映像をこっそり見たり、好きな成人漫画を読む等して、秘密裏にペニスを勃起させる対策を講じましょう。

お酒と食事の影響は想像以上に大きく、ED治療薬は原則、食前に摂取しておくべきだと専門医は推奨します。
特に高カロリー食とアルコール度数の高いお酒の悪影響は甚大ですから、本当に要注意です。